Menu
0 Comments

かなり古いDVDやマイナーな作品に関しては、買取ができなかったり物凄く安値でしか売れないことも多いです。しかし、そういったDVDでもネットオークションやフリマアプリに出品すれば、満足できる金額で売れる可能性があります。

欲しいと思っている人はたくさんいる

お店での買取が難しいDVDであっても、欲しいと思っている人は世の中にたくさんいます。そういった人たちの目に留まれば、結構な金額で売れるかもしれないわけです。そこで活躍するのが、ネットオークションやフリマアプリと呼ばれるサービスで、自分が持っている物を出品して、不特定多数の人に落札や購入してもらうことができます。

売る金額に決まりはない

お店でDVDを売る場合、相場を基準にしながら査定することになるため、買取金額の方もある程度決まっています。しかしネットオークションやフリマアプリでは、自分や落札者が最終的な金額を決めることになります。そのため、場合によっては相場より高く売れることもありますし、価値の高いDVDなら定価の何倍もの金額になる可能性もあります。

欠点は時間と手間がかかること

ただ、ネットオークションやフリマアプリは、自分で出品の手続きをしなければなりませんし、落札者や購入者とのやり取りも行わなければなりません。正式に落札や購入が決まれば、発送の手続きも行う必要があるので、時間と手間がかかってしまう欠点があります。したがって、普段から多忙な人には少し難しいかもしれません。

出品してから決めても遅くはない

せっかくこのような便利なサービスがあるわけですから、DVDを捨てるかどうかは出品してから決めても遅くはありません。もし売れないと思ったらその時は廃棄すればいいですし、思わぬお宝を簡単に捨てないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です