Menu

DVDを処分する方法について

以前はよく見ていたDVDも今はほとんど見なくなった、あるいは購入したけどあまり面白くなかったなどの理由で、処分したいと考える人も多いでしょう。では、DVDを処分するにあたってはどういった方法があるのでしょうか。

廃棄するのが手っ取り早いですが

DVD買取
DVDの処分方法として、最も手っ取り早いのは廃棄することでしょう。今は多くの自治体で燃えるゴミとして出すことができますし、容易に廃棄することができます。ただ、個人で保存用として使用していたDVDの関しては、個人情報データが入っているので破壊してから捨てるようにしましょう。また、枚数が多い場合は業者に依頼して回収してもらうこともできます。

さて、廃棄すること自体はとても簡単ではありますが、せっかくお金を出して購入したDVDを安易に捨てるのは、少し勿体無いという気持ちになるでしょう。もし売れるのであれば、多少時間と手間をかけてでも売った方が絶対にいいでしょう。

どうせなら売って処分しよう

DVDをそのまま廃棄しても、当然ながら1円にもなりませんし、回収業者に依頼するとなれば逆に料金を支払うことになります。それだったら、買取に出すことで少しでもお金が手に入るのであれば、売って処分をした方が遥かにおすすめできます。

基本的に市販のDVDであれば、よっぽど傷が酷かったりまともに動作しない状態でもなければ、多少なりとも値が付くものです。むしろ、商品によっては結構な高値で売れることもありますから、それをみすみす捨ててしまうのはあまりに勿体無いです。

いろんな方法で売ることができる

必要のないDVD
DVDを売る方法にも色々とあり、最も手軽なのは近くにある買取ショップに売ることでしょう。DVD以外にもゲーム機やCDなどを売ることもできるので、それらもまとめて売ってもいいでしょう。買取点数が多ければ金額もプラスアルファされることが多いので、より高く売れるメリットがあります。

もしそういったお店が近くにない場合は、ネットの買取専門業者に依頼することもできます。商品を送るだけで査定と買取を行ってくれますし、街中のショップに比べると高値で買い取ってくれる傾向にあるので、利用する価値はかなり高いです。また、専門業者なら古いDVDでも売れる可能性が高いですし、絶版や限定生産など希少な商品でもしっかりと査定してもらえるので、驚く程の値が付くこともあります。

その他の方法としては、ネットオークションやフリマアプリなどに出品して売ることも可能です。フリマアプリなら自分で金額を決めることができますし、ネットオークションなら欲しい人が次々と入札してくれるかもしれないので、相場よりも遥かに高値で売れる可能性もあります。ただ、当然ながら必ずしも落札されるとは限りませんし、自分で全て手続きをしなければならないので、ショップに売るよりも手間がかかるというデメリットはあります。

売れないと分かれば廃棄すればいい

いろんなショップや業者にDVDの査定をしてもらった上で、もし売ることができないと分かったのであれば、その時は廃棄すればいいでしょう。ただ、自分で勝手に売れないと思い込んで捨ててしまうのは、かなりの大損をしてしまう恐れがありますから、必ず簡易査定だけでもしてもらうようにしましょう。

これはDVDだけに限らず、ゲームやCDや書籍にも当てはまることですし、世の中にはそれが欲しいと思っている人がたくさんいるのです。だからこそお店側も積極的に買取りますし、商品によっては高値で査定をするわけです。